【経験談】ダイエットに筋トレがおすすめな理由【痩せた後が大事】

workout フィットネス

こんにちわ。盛岡在住ブロガーのけんくん(@kenkun_blog)です。

ダイエットをしている方に「筋トレ」を勧めると、たいていの方が同じような反応をします。

「筋肉つけたくない」
「細マッチョがいい」
「筋トレよりも有酸素運動」

私もダイエットを始めたころは同じ考えでした。
でも今は「筋トレ派」です。


なぜ考えが変わったのか?その理由を紹介します。

スポンサーリンク

有酸素運動のみは間違い

有酸素運動のみは間違い

Youtubeのおすすめ動画で見た、元ボディビルダーチャンピオンの北島先生の動画がきっかけです。まずはこちらの動画をご覧ください。

【ダイエットの勘違い】有酸素運動"だけ"をするとなぜ、太りやすい体質になるのか?

動画の内容を要約すると以下のとおりです

有酸素運動ばかりやる
 ↓
長時間走ってもカロリーをあまり必要としない体になる
(車に例えると、燃費の良い車)
 ↓
少ないエネルギーで長持ちする体になる(
=太りやすい体になる

マラソンランナーは、無駄な肉が無くスリムな体型をしています。
長距離を走ることに特化した体型なのだと思います。

この動画は、盲目的に有酸素運動を信仰していた自分にとって、
とてもショッキングな内容でした。

思い返せば、
ダイエットで有酸素運動を毎日やってた時期は痩せて、体型をキープできていました。

でも、忙しくなって辞めた途端にリバウンド開始…。
永遠に運動が必要なのかと思っていました。(1日でも休むと罪悪感がわく。)

この動画は、実際に経験したからこそ、心に突き刺ささりました。

筋肉をつけるメリットは?

筋肉をつけるメリットとは?

北島先生の動画によれば、有酸素運動はその場で動いたカロリーしか消費しない

一方、筋トレは筋肉が破壊されて、それが回復するまでの
48時間から72時間の間ずっと代謝がいい状態が続く。(=カロリーを使う
また、筋肉が多くなれば、基礎代謝が上がるので、カロリー消費量が増えて太りにくい体になる

筋トレは、ダイエット目的でも良いことが分かります。

筋トレの偏見・誤解

筋トレの誤解と偏見

多くの人がイメージするのは、筋トレ=ムキムキなボディビルダー
このイメージが偏見を生んでるように思います。

実際に筋トレして分かったのは、そのレベルの体になるためには、相当の努力が必要です。
ボディビルダーは競技のために体を大きくしています。(そういう競技なんです)
素人がちょっと筋トレしたくらいでは、絶対無理です。

トップアスリートは、みんなウエイトトレーニングをやっています。
世界一足の速いボルド、サッカーのクリスティアーノ・ロナウドも。

その人達のかっこいい肉体をみれば、偏見や誤解と気づくはずです。
(中村アンちゃんのようなモデルさんもやってるしね!)

ダイエットの先にあるもの

ダイエットの先にあるもの

北島先生は、ダイエットに関して、こんな言葉を話していました。

痩せたい=体重が減るだけではだめ」
「体重が減った体がカッコいいかが問題。」
「綺麗な体でなければダイエット失敗」

自分も過去に食事抜きの無理なダイエットをして、体を壊した経験型あります。
ゲッソリして、髪の毛が抜け、病人みたいな状態になりました…(涙)

かっこよく、美しい体になることがダイエットの真の目的です。

筋トレはやればやっただけの効果があります。(筋肉は裏切りません!)
体が変化することで、モチベーションがどんどん上がります。

みなさん、筋トレしてかっこいい体になりましょう!
次回はスポーツジムについて書きたいと思います。

良かったら次回更新も見てください。
どんと晴れ♪

プロフィール
盛岡在住の筋トレ系ブロガー

岩手県盛岡市出身/男性/40歳/職業SEです。

趣味は筋トレ、食べ歩き、音楽(邦楽Rock)、ファッション、その他興味を持ったことにチャレンジする雑食系です。

2019年7月ブログ開設
→ Googleアドセンス1発合格
→ 100記事目指して執筆(4ヵ月で達成)
→ note執筆開始(https://note.mu/kenkun1007)

人生を変えた筋トレの話題を中心に、大好きな地元盛岡の魅力も発信できたらと思います。ジャンルとしては雑記ブログになります。

twitter、Instagramでみんなとつながりたい。
よかったら見に来てくなんせ。

けんくんをフォローする
フィットネス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けんくんをフォローする
スポンサーリンク
たんくとっぷレベル1から始めるブログ生活
タイトルとURLをコピーしました