iPhone SE(2020)の価格と発売時期は?|発表4月14日、発売4月24日濃厚|2020年4月12日更新

ガジェット


こんにちわ。盛岡在住ブロガーのけんくん(@kenkun_blog)です。

けんくん
けんくん
iPhoneSE(2020)の後継機情報!最新速報です。

iPhoneSE(2020)のリリースが秒読み段階です。
YouTubeチャンネル「 FRONT PAGE TECH 」を運営する「 Jon Prosser氏 」が4月1日に最新リーク情報発表しました。

 【 iPhoneSE(2020)の最新リーク情報 】

  • 製品名称は「 iPhone9、もしくはiPhoneSEのいずれか 」
  • 発表は「 4月14日 」
  • 発売は「 4月24日 」

※当記事ではiPhoneSE(2020)で統一表記

けんくん
けんくん
Jon Prosser氏は以前、4月15日発表、4月22日発売と情報を出していたが、上記日付に訂正しました。

アメリカの販売店では、以前にiPhoneSE(2020)専用ケースの販売を4月5日まで控えるようにとの指示があったそうです。もうすぐの発表は確実です。

当記事では、iPhoneSE(2020)の製品情報や魅力を紹介しています。

 【 iPhoneSEの魅力 】

  • コンパクトなサイズ感
  • 低価格

iPhoneといえば、年々価格が高騰、画面も大型化
スマホに10万円以上は高すぎるし、片手操作ができない点も使いにくいです。

そんな悩みを解決したのが2016年発売の「 初代iPhoneSE 」です。
手ごろなサイズ感(4.0インチ)とリーズナブルな価格(4万円台)が魅力で、高コスパなiPhoneとしてヒットしました。

まずは初代iPhoneSEの魅力を紹介します。

スポンサーリンク

【iPhone SE(2020)の価格と発売時期は?】現行機種(iPhone SE)の基本情報

【iPhoneSE2の価格と発売時期は?】現行機種(iPhone SE)の基本情報
iPhone SE(2020)の情報の前に、現行機種のiPhone SE(2016)のおさらいです。
※現行SEユーザーは読み飛ばして頂いてOKです。

特徴

 【 iPhoneSE(2016)基本情報 】

  • 発売日2016年3月31日
  • 価格は44,800円~
  • SEは「Special Editon」の略

iPhoneシリーズは毎年9月頃に発表されますが、iPhoneSE(2016)は3月に発表されました。
商品コンセプトは「 廉価版のiPhone 」です。

SE発売当時の最新機種はiPhone6sです。
SEはそれよりも古いiPhone5Sの本体を流用し、中身のCPUを最新機種(iPhone6s)と同等のA9チップに置き換えて発売した製品です。

処理速度は最新機種と同等のため、廉価版といっても性能にも問題はありません。
SEは必要十分な機能を低価格(44,800円~)で実現したiPhoneです。

参考までにSEと6sの比較表を掲載します。

iPhone SE(2016) iPhone 6s
CPU Apple A9 Apple A9
外側カメラ画素数 約1,200万画素 約1,200万画素
内側カメラ画素数 約120万画素 約500万画素
ディスプレイ 約4.0インチ (1,136×640) 約4.7インチ HD(1,334×750)
RAM 2GB 2GB
ROM 32GB・128GB 16GB・64GB・128GB
SDカード 未対応 未対応
電池容量 1,624mAh 1,715mAh
連続通話時間(LTE) 約840分 約840分
連続待受時間(LTE) 約240時間 約240時間
通信速度(最大) キャリアに依存 キャリアに依存
高さ×幅×厚さ 123.8×58.6×7.6(mm) 138.3×67.1×7.1(mm)
重量 約113g 約143g
価格 税別44,800~ 税別86,800~

現在の状況(2020年4月現在)

iPhone SE(2016)は2018年9月13日をもって販売終了しています。以降、現在(2020年4月9日)まで後継機の発売がありません。

iPhoneのOSは、2019年10月にiOS13に更新されました。OSアップデート対象の機種は以下のとおりです。(iPhone11シリーズのぞく)

 【 iOS13アップデート対象の旧機種 】

  • iPhone SE(2016)← サポート対象
  • iPhone 6s
  • iPhone 7
  • iPhone 8
  • iPhone X
  • iPhone XR
  • iPhone XS

iPhone SEはぎりぎりサポート対象です。次のiOS14のアップデート対象から外れる可能性は高いです。
現行SEユーザーの方は買い替えの準備をした方が良いかもしれません。

iOSのサポート対象外になると最新機能が使えなかったり、セキュリティ的に問題が出る可能性があります。

【iPhone SE(2020)の価格と発売時期は?】リーク情報まとめ

【iPhoneSE2の価格と発売時期は?】リーク情報まとめ

 【 リーク情報まとめ(ソース元:9to5Mac) 】

  • フォームファクタとハードウェア仕様は「iPhone 8」をベース
  • ホームボタンがあり指紋認証を採用する
  • 3D Touch機能はなし
  • 色はシルバー・スペースグレー・レッドの3色
  • プロセッサには現行の「iPhone 11」シリーズと同じA13 Bionicチップ
  • メモリは3GB
  • 容量は64GB、128GB、256GB
  • 販売開始価格は米ドル399~(円換算の場合4万円台)
  • 本体サイズの大きいiPhone SE Plusが存在

iPhone8ベース

本体はiPhone8がベースです。

外観はiPhone8と同じと思えばOKです。
画面サイズは4.7インチでホームボタンによる指紋認証を採用、3D Touch機能はありません。本体カラーはシルバー、スペースグレー、レッドの3色です。

iPhoneSE(2016)より0.7インチサイズアップしますが、片手操作は十分可能です。

けんくん
けんくん
レッドが欲しいですね。絶対カッコいい。

2020年1月には本体の予想画像が公開されています。

iPhone SE2予想画像
出典:iGeekblog

スペック

ベースはiPhone8ですが、性能は最新にアップデートされています。

プロセッサはiPhone11同様、最新のA13 Bionicチップを採用、メモリは3GB、ストレージは64GB、128GB、256GBの3種類から選択可能です。

iPhoneSE(2016)と同様に、現時点で最新のプロセッサを採用することで、最新のアプリも快適に動作します。

けんくん
けんくん
ストレージは写真や動画などの使用量に応じて決めたらいいと思います。

カメラ

カメラ機能はiPhone8と同様と想定されます。(リーク情報なし)

iPhone8は、背面は1200万画素のiSightカメラ、前面は700万画素のFaceTimeカメラを採用しています。

最新スペックのiPhone11より劣りますが、必要十分です。

けんくん
けんくん
カメラにこだわるならiPhone11を黙って買うべし。

価格

売価格は399ドル~です。

日本円で4万円台からのスタートで、現行販売されているiPhoneラインナップの中でも最安です。
最安で最新スペックのiPhoneは、相当売れる可能性が高いです。

昨年AppleはiPad第7世代を3万円代と低価格で発売しました。これには世間一般への普及機の役割がありました。iPhoneSE(2020)にも同様の役割があるように感じます。

その他

iPhoneSE(2020)には、サイズ違いの「 iPhoneSE Plus(仮名) 」が存在するとのリーク情報があります。

製品のベースとなるiPhone8には、iPhone8 Plusが存在します。同様に発売される可能性は高いです。

けんくん
けんくん
Plusシリーズは片手操作が厳しいですね。価格も上がるでしょうし、本当に発売されるのでしょうか?

【iPhoneSE(2020)の価格と発売時期は?】ズバリ買い?こんな方におすすめ

【iPhoneSE2の価格と発売時期は?】ズバリ買い?こんな方におすすめ
以下の点を許容できるなら「 買い 」です。

 【 ココが問題ないならiPhoneSE(2020)は買い! 】

  • ホームボタンによる指紋認証
  • カメラ機能

ホームボタンによる指紋認証

iPhone SE(2020)はホームボタンでの指紋認証のため、指でボタンを触ってロック解除します。

最新のiPhone11は顔認証を採用しており、画面を見るだけでロック解除可能です。顔認証の方が便利そうに見えますがが、寝ている状態や、マスク姿では認識されない場合が多いです。

けんくん
けんくん
人によっては指紋認証の方が良いという方もいます。(むしろ歓迎かも!?)

カメラ機能

カメラは良くも悪くも普通。特徴はとくにありません。

最新のiPhon11シリーズと比較すると楽しさの面で劣ります。
普通の写真を撮影する分には十分ですが、現行iPhone 11のような広角撮影、ナイトモード、ポートレートモードが使えません。

前面カメラは700万画素と低スペックなため自撮り写真のクオリティが低いです。

けんくん
けんくん
カメラは妥協ポイントですね。

総評

iPhoneSE(2020)は、低価格なiPhoneが欲しい方に最適です。

最新のA13 Bionicチップを搭載するため、最新のアプリの使用も問題なく、iOSのアップデートも数年にわたり対応できます。

現行SEユーザーはコンパクトなサイズ感を求めてる方が多いと聞きます。
iPhoneSE(2020)は、サイズが若干大きくなるため、人によっては大きすぎると感じるかもしれません。
サイズ感が気になる方は、お店でiPhone8を試し持ちして確認するとよいです。

けんくん
けんくん
カメラにこだわりが無いならiPhoneSE(2020)は十分満足できる商品です。

【iPhone SE(2020)の価格と発売時期は?】まとめ

本日は「 iPhone SE(2020) 」のリーク情報についてまとめてみました。

 【 iPhone(2020)まとめ 】

  • 2020年4月14日発表、24日発表
  • 外観はiPhone8ベース、中身は最新スペック搭載
  • 価格は4万円台からとiPhoneシリーズ最安
  • 指紋認証、カメラ機能の低さを許容できれば買い

現在iPhone買い替え検討中の方は、iPhone SE(2020)の登場を待ってみてはいかがでしょうか?
※本記事の内容はリーク情報をもとに記載しているため事実と異なる場合があります。

けんくん
けんくん
良かったら次回更新も見てください。
どんと晴れ♪
プロフィール
けんくん

More
岩手県盛岡市在住の40歳男性です。

趣味は食べること&ダイエット
※ダイエット無限地獄の住人と呼べ

筋トレ・ダイエット中心の雑記ブログを展開
書くことが好き。楽しい記事を届けます。

Follow Me !
ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たんくとっぷレベル1から始めるブログ生活

コメント

  1. […] iPhoneSE2の価格と発売時期は?|2020年最新リーク情報 こんにちわ。盛岡在住ブロガーのけんくん(@kenkun_blog)です。 けんくん 本日はiPhoneSEの後継機の話題です。(2020年最新情報もお届け […]

タイトルとURLをコピーしました