スポンサーリンク

【アクセサリー】iPhone11買ったら最初に必要なもの【おすすめ】

ガジェット

こんにちわ。盛岡在住ブロガーのけんくん(@kenkun_blog)です。

2019年9月13日 21:00

時は来た。

昨日ブログに書きましたが、Appleの新型iPhoneの予約開始スタートです。

ちなみにその時のけんくんは・・・

夏の疲れを癒す男たち

盛岡の「タイガー&ドラゴン」さんで食べ放題・飲み放題の無限天国に堕ちておりました・・・

けんくん
けんくん

どうも。ビール好き太郎です。

iPhone予約を目前にテンションあげあげです。

はい・・・。

ということで、ついにその時がやってきました。

Apple Storeは恒例のメンテナンスモード

21:00を少しまわってから、Apple Storeで予約開始スタートです。

酔っぱらいながらもスマホで予約完了。

その後AM2:00まで宴は続き死亡・・・

正しく注文されたか不安でしたが、翌朝確認したら問題ありませんでした。

けんくん
けんくん

酔っていてもやる時は、やる男でがんす。

前置きは長くなりましたが、

iPhoneの予約が完了したので、商品到着後すぐに使用可能とするため、アクセサリー類を購入しました。

本日は「iPhoneを購入したら必要なアクセサリー」を紹介します。

ぜひご覧ください。

この記事のターゲット

これからiPhoneを購入する方

スポンサーリンク

予約したiPhoneの紹介

Imaged by Apple

予約機種

私が購入した商品は以下のとおりです。

iPhone11 128GB ブラック

お届け予定日:2019年9月20日

はい、有言実行です。(有言実行シュシュトリアン知ってる?)

前回のブログでベストバイ商品に決定した「iPhone11」を購入しました。

色は「ブラック」です。

Imaged by Apple

iPhone11を選択した理由

iPhone11は価格と機能のバランスが秀逸です。

「iPhone11」と「iPhone11 Pro」の価格差は約3万円です。

主な機能差はディスプレイ」と「カメラ」の違いです。

ディスプレイの違い
  • 有機EL(iPhone11 Pro)と液晶(iPhone11) の違い
  • 一般的に有機ELの方がきれいだが価格が高い
  • Appleの有機ELと液晶はどちらも遜色ないほど美しい(よく見比べないと分からない)

けんくん
けんくん

液晶はiPhoneXRと同じディスプレイです。

実物を見ましたがとてもきれいでした。

これなら有機ELにこだわる必要ないと思います。

カメラの違い
  • フロントカメラは両モデルに違いなし
  • iPhone11のバックカメラは2眼レンズ(広角、超広角)
  • iPhone11 Proのバックカメラは3眼レンズ(広角、超広角、望遠)
  • 違いはバックカメラの望遠レンズの有無

けんくん
けんくん

スマホカメラの用途は近距離でのスナップ写真が多いです。

遠くの被写体を撮影する望遠レンズの出番はあまりないです。

3眼レンズは魅力ですが、望遠を捨てるだけで3万円安くなるのは魅力です。

色(ブラック)を選択した理由

iPhone11シリーズは6色あります。

  • ブラック
  • グリーン(新色)
  • イエロー
  • パープル(新色)
  • レッド
  • ホワイト

新色を購入して目立ちたいところですが、グリーンもパープルも淡い色で女性向きの雰囲気です。

どれも素敵な色なので好きな色を買えばいいと思います。

私の場合は、自分が手に持っている姿を想像し、一番しっくりくる色を選びました。

今回はiPhoneの原点カラー「ブラック」を選択しました。

けんくん
けんくん

今使ってるiPhone6Sはローズピンクゴールドです。

当時は目立ちたい一心で新色を買いましたが、「ピンク×おっさん=あやしい奴」だったかも。

今は白いケースでがっちり隠しております。

おすすめアクセサリー

ここからが本題です。

iPhone11は9月20日の発売日に自宅に届く予定です。

届いてからすぐに使えるように最低限必要なもの、あると便利なものを紹介します。

液晶保護シート(必須)

液晶を保護するためのシートです。

スマートフォンを使っていると1度や2度落とした経験はありませんか?

画面が派手に割れたまま使い続けてる方を見かけます。

iPhone11の修理費用は非常に高価です。

画面保護をしない方は有償保証(Apple Care+)への加入をおすすめします。

Apple Care+加入の場合保証対象外     
iPhone11 Pro Max3,400円35,800円
iPhone11 Pro3,400円 30,400円
iPhone113,400円 21,800円

AppleCare+の料金はiPhone 11で1万6800円、iPhone 11 Pro/Pro Maxで2万2800円。
盗難・紛失プランを付加すると2000円のアップ。

Apple Care+加入時の特典内容とは?
  1. 製品保障が1年から2年に延長
  2. Appleのテクニカルサポートを受けられる
  3. 過失の場合の修理料金が安くなる(2回まで)

けんくん
けんくん

iPhoneは年々機能アップしていきます。

技術が進歩すれば修理費用も比例して跳ね上がります。

おすすめの保護シートは「硬度9Hの強化ガラス」タイプです。

ガラスシートタイプは最近の主流で液晶画面をしっかり保護してくれます。

主な機能は

  • シート貼り付け時の気泡ゼロ
  • 指紋防止
  • 高透明度
  • キズ防止
  • 飛散防止
  • 撥水・撥油性

・・・とさまざまなメリットがあります。

スマートフォンは高価なため2年以上使う方が多いと思います。

快適に使うためには液晶保護対策は必須といえます。

けんくん
けんくん

私も何回か落としてますが、画面にキズつけた経験がありません。

液晶保護シートは必ず買います。

本体ケース(必須)

iPhoneの生みの親である「スティーブ・ジョブズは」は「iPhoneはケースなしで、そのまま使え」といいました。

確かに、この美しいデザインのiPhoneをケースで覆い隠すのは無粋かもしれません。

けんくん
けんくん

ケースなしが一番カッコいいのは分かるけど・・・

万が一の場合の修理費が高い。

実益を考えるならケースは欲しい。

iPhoneケースは純正、社外品含め、かなりの数が発売されています。

どれを選ぶべきか非常に迷うところです。

もし迷った場合はApple純正ケースをおすすめします。

今回私は「iPhone11 クリアケース(税別4,500円)」を購入しました。

Imaged by Apple

iPhone11のカラーバリエーションを活かすには透明なクリアケースがおすすめです。

背面のAppleロゴもしっかり見ることができます。

けんくん
けんくん

せっかくiPhoneを買うなら、Appleロゴを見せびらかしドヤ顔で歩きまわりたいです。

純正ケースには他にもシリコンタイプ、レザータイプ、レザフォリオタイプ(手帳型)があります。

シリコンタイプ
レザータイプ
レザーフォリオタイプ

純製品のデメリットは価格が高いところです。

今回購入したクリアケースは「税別4,500円」ですが、社外品の同タイプであれば「1,000円代」から購入可能です。

ただし、安すぎる社外品は機能に問題がある場合も・・・口コミレビューを確認してから購入するべきです。

けんくん
けんくん

純正品は価格が高いけど、クオリティが高くおすすめです。

なにより純正使用の満足感が違います。(最&高です)

ワイヤレス充電器(あると便利)

あると便利なアクセサリー「ワイヤレス充電器」です。

みなさんはスマホの充電はどのように行っていますか?

iPhoneの場合はLightningケーブルを本体下部に差し込んで充電します。

けんくん
けんくん

毎日のように充電するため、差し込む動作が面倒だし、長く使ってると差込口やケーブルが劣化してきます。

Lightningケーブルの根本が劣化して裂けるんですよね・・・。

そんな悩みを解決するのがワイヤレス充電です。

ケーブルをつながずとも専用の台座に置くだけで充電が可能です。

Qi(チー)規格に対応したワイヤレス充電器を使用します。

私が現在使っているiPhone6sは残念ながら非対応ですが、現在Appleが発売中のiPhoneはすべて対応しています。

  • iPhone8
  • iPhoneXR
  • iPhone11
  • iPhone11 Pro
  • iPhone11 Pro Max
けんくん
けんくん

私は家庭用と職場用で2台購入しました。

ワイヤレス初体験のため使用が楽しみです。

アクセサリーのメリット

今回紹介した「iPhone購入後に最初に買うべきアクセサリー」は主に本体の保護を目的としています。

これには大きなメリットがあります。

iPhoneをきれいな状態で使い続けると、次回購入時の下取りとして使用できます。

iPhoneは中古市場でも人気が高いです。

専門買取業者が高価買取してくれます。

今回私はiPhone11をApple Online Storeで購入しました。

その際に「Apple Trade In」という仕組みで下取り査定が可能です。

iPhone6Sの場合は最大7,220円の下取りが可能です。

けんくん
けんくん

4年前の機種でもこの価格はすごいよね。

Appleブランドはさすがです。

Apple Trade Inの仕組み
  1. メールが届く(詳しい手順説明)
  2. 下取りキットを配送業者がお届け
  3. デバイスの準備を行う(初期化など)
  4. デバイスを返送
  5. Apple製品購入時の割引き or ギフトカード

まとめ

本日は「iPhone11買ったら最初に必要なもの(アクセサリー)」を紹介しました。

新機種を購入したすぐに使いたいものです。アクセサリーを準備して発売日に備えておきましょう。

私の場合、iPhone6SからiPhone11へのバージョンアップです。

大幅な機能アップとなるため満足度100%と信じます。(←信者の信仰は絶対です。)

後日実機レビューにも挑戦します。

楽しみにしていてください。

iPhone11買ったら最初に必要なもの
  • 本体保護を目的に液晶保護シート、ケースは必須
  • ワイヤレス充電器はあると便利

良かったら次回更新も見てください。
どんと晴れ♪

プロフィール
盛岡在住の筋トレ系ブロガー

岩手県盛岡市出身/男性/40歳/職業SEです。

趣味は筋トレ、食べ歩き、音楽(邦楽Rock)、ファッション、その他興味を持ったことにチャレンジする雑食系です。

2019年7月ブログ開設
→ Googleアドセンス1発合格
→ 100記事目指して執筆中(現在)

人生を変えた筋トレの話題を中心に、大好きな地元盛岡の魅力も発信できたらと思います。ジャンルとしては雑記ブログになります。

twitter、Instagramでみんなとつながりたい。
よかったら見に来てくなんせ。

けんくんをフォローする
ガジェットショッピング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けんくんをフォローする
たんくとっぷレベル1から始めるブログ生活
タイトルとURLをコピーしました