新型MacBook Pro 13発売!特徴は?次期モデルは大幅進化の予感!

ガジェット

けんくん
けんくん
新型MacBook Pro 13インチは買い?それともスルー?

2020年5月4日に新型MacBook Pro 13インチが発表されました。本日はApple信者の私が新型MacBookを徹底紹介します。

 【 本記事の内容 】

  • 新型MacBook Pro 13インチの主な変更点
  • 新型MacBook Pro 13インチの残念な点
  • 次期モデルのリーク情報公開
当ブログは海外サイトのリーク情報をリサーチし、信頼度の高い情報を記事化しています。実際、今年1月に書いたMacBook Pro 13インチのリーク記事は内容的中しています。
2020新型MacBook Pro 13インチ|絶対待つべき理由とは?
2020年登場の新型MacBook Pro 13インチのリーク情報をまとめました。購入検討されてる方は新型を待つべきです。その理由も解説!必見です。

当記事は新型MacBook Pro 13インチの情報はもちろん、次期モデルのリーク情報も併せて紹介します。とても興味深い情報のため、ぜひご一読ください。

けんくん
けんくん
在宅ワークの流れによりノートパソコンの需要が高いと聞きます。この記事が購入検討の参考になれば幸いです。
スポンサーリンク

【 新型MacBook Pro 13 】主な変更点

【 新型MacBook Pro 13 】主な変更点

  • キーボード
  • CPU

細かなスペックの違いはApple公式サイトにお任せして、当記事ではポイントを絞って紹介します。

【 新型MacBook Pro 13 主な変更点 】キーボード

【 新型MacBook Pro 13 主な変更点 】キーボード
新型MacBook Pro 13インチは従来の「バタフライキーボード」に変わり、「 シザーキーボード 」を採用しました。

変更理由はバタフライキーボードの故障率の高さです。チリや埃に弱く、内部の隙間に入り込むことで動作不良が多発しました。

ちなみに旧モデルのMacBook Pro(2019)は発売当初からキーボード修理プログラム対象製品でした。バタフライキーボードはAppleも認める欠陥品です。

シザーキーボードのメリット

  • キーストロークが0.55mmから1mmへ変更
  • 打鍵音と打鍵感がよい
  • 打鍵音がかなり静か(旧モデルと比較)

キーストロークが深くなることで打ち心地と静粛性がアップします。

実際にバタフライキーボードと打ち心地を比較してみましたが、シザーキーボードの方が打ち心地がよく、疲れません。

シザー式キーボードのデメリット

シザー式キーボードの採用により、MacBook本体の厚みが増えます。

カタログスペック上は14.9mmから15.6mmにアップ。わずか0.7mmのアップですが、モバイル用途がメインの方には気になるポイントです。

けんくん
けんくん
重さも1.37g→1.40gに増えています…。

Touch Bar仕様変更

  • Escキー、Touch IDをTouch Barから分離

MacBook Proシリーズは物理ボタンのファンクションキーを廃止し、OLEDのTouch Bar(タッチバー)を採用しています。

MacBook Touch Bar
出典:Apple

タッチディスプレイ方式は使用するアプリに応じて任意のボタンを出現させることができます。一見すると便利そうに見えますが、これがユーザーには大不評…。

けんくん
けんくん
押し間違え、バグって非表示などクレーム多数。

今回、新型MacBook Pro 13インチのキーボードレイアウトは、Escキー、Touch ID(指紋認証用)をTouch Barから分離しています。

MacBook Touch Bar New
出典:Apple

Escキー分離は、多くのMacBook Proユーザーから要望があったそうです。エンジニアはキー配列を指の間隔で覚えるため、物理ボタンの方が扱いやすいです。

けんくん
けんくん
シザーキーボードは他MacBook製品(Air、Pro 16インチ)で既に採用済です。

【 新型MacBook Pro 13 主な変更点 】CPU

【 新型MacBook Pro 13 主な変更点 】CPU
新型MacBook Pro 13インチのCPUは2種類から選択可能です。

MacBook Pro 13(上位グレード) Intel 第10世代CPU
MacBook Pro 13(下位グレード) Intel 第8世代CPU
けんくん
けんくん
えっ!?新製品なのにお古のCPU…。それってどうなの?

下位グレードのCPUは旧型のMacBook Pro(2019年モデル)と同じものを使用しています。気になるのは第10世代との性能差です。

次にベンチマークを紹介します。

ベンチマーク

Geekbench BrowserにアップされていたCPU、GPUのベンチマークを紹介します。

【 新型MacBook Pro 13 ベンチマーク 】CPU

【 新型MacBook Pro 13 ベンチマーク 】CPU
出典:Geekbench Browser

MacBook Pro 13インチのベンチマークを抜粋します。

CPU Mutli-Core Score Single-Core-Score
2020/4Core Core i7/2.3GHz 4565 1093
2020/4Core Core i5/2.0GHz 4489 1271
2019/4Core Core i7/1.7GHz 4004 1065
2019/4Core Core i5/1.4GHz 4130 980

2020/4CoreがIntel第10世代のCPUのベンチマーク、2019/4CoreがIntel第8世代のベンチマークです。それぞれクロック数の異なる2種類のCPUが選択可能です。

けんくん
けんくん
チャートで見ると分かりやすい。第10世代と第8世代の性能差が少ないような…。

あたりまえですが、価格と性能は比例します。

消費者が気にするのはコスパ。ベンチマークを見ると下位グレード(第8世代)がお買い得に見えてきます。

次はGPU(グラフィック性能)を見てみます。

【 新型MacBook Pro 13 ベンチマーク 】GPU

【 新型MacBook Pro 13 ベンチマーク 】GPU
出典:Geekbench Browser

MacBook Pro 13インチのベンチマークを抜粋します。掲載情報の都合によりグレード上位、下位ともにCore i5(CPU)の比較になります。

CPU/GPU OpenCL Score Metal Score
2020/4Core Core i5/2.0GHz/Intel Iris Plus Graphics 8379 10141
2019/4Core Core i5/1.4GHz/Intel Iris Plus Graphics 645 6359 5729

2020/4CoreがIntel第10世代のCPUのベンチマーク、2019/4CoreがIntel第8世代のベンチマークです。

けんくん
けんくん
第10世代の方が明確に性能が高いですね。

GPUは描画処理計算に使われます。動画編集などを頻繁に行う場合は第10世代の方が適しています。

他モデルと比較すれば、MacBook Pro 16インチが圧倒的に高性能です。こちらはCPUとは別に独立したGPUを持ちます。描画処理専門の担当者がいるイメージです。一方のMacBook Pro13インチはCPUが描画処理も含めたすべての計算を一つで行います。

けんくん
けんくん
動画編集しないなら下位グレード(第8世代CPU)でも十分な気がしてきた。

【 新型MacBook Pro 13 】残念な点

【 新型MacBook Pro 13 】残念な点

  • Wi-Fi 6に未対応
  • 内臓カメラが720P
  • 上位グレードのみPro Display XDR対応

それぞれ説明しますね。

【 新型MacBook Pro 13の残念な点 】Wi-Fi 6に未対応

【 新型MacBook Pro 13 】【 新型MacBook Pro 13の残念な点 】Wi-Fi6に未対応
最新のWi-Fi規格である「 Wi-Fi 6(8.2.11ax) 」に未対応です。

Wi-Fi 6のメリットは高速、混雑に強い、省エネの3つの特徴があります。詳しい説明は割愛しますが、ネット環境をより快適に使える次世代の規格です。

AppleのiPhone11やiPad ProはWi-Fi 6に対応しています。Proと命名するMacBook Proにも対応してほしかったです。

【 新型MacBook Pro 13の残念な点 】内臓カメラが720P

【 新型MacBook Pro 13 】【 新型MacBook Pro 13の残念な点 】内臓カメラが720P
内臓カメラは「 720p FaceTime HDカメラ 」です。

このカメラは2011年に採用されもので、約10年変わっていません。技術的な部分でいえば2017年に発売されたiMac Proで1080pのカメラを既に採用しています。

在宅ワークが主流になりつつある今、高性能なカメラが求められます。(きれいな映像でWEB会議したい)

けんくん
けんくん
iPhone11のフロントカメラも1080pに対応しています。今時720pはレベルが低いです。

【 新型MacBook Pro 13の残念な点 】上位グレードのみPro Display XDR対応

【 新型MacBook Pro 13 】【 新型MacBook Pro 13の残念な点 】上位グレードのみPro Display XDR対応
Apple純正のディスプレイ「 Pro Display XDR 」への対応は、新型MacBook Pro 13インチの上位モデルのみとなります。下位モデルは対応しません。

Pro Display XDRは自宅でMacBookを使用する際に、外付けディスプレイとして使用する用途があります。52万9800円の高級ディスプレイのため、必要とするユーザーは少ないと思われますが、どうせなら下位モデルも含めて対応して欲しかったです。

けんくん
けんくん
Pro Display XDR欲しい…。誰か買って。

【 新型MacBook Pro 13 】上位・下位グレードの違い

【 新型MacBook Pro 13 】上位・下位グレードの違い
新型MacBook Pro 13には上位グレード、下位グレードが存在します。グレードにより購入時に選択可能なオプションが異なります。

  • CPU
  • ポート数
  • ストレージ
  • メモリ
  • 価格差

それぞれ説明していきます。

【 新型MacBook Pro 13のグレードの違い 】CPU

【 新型MacBook Pro 13のグレードの違い 】CPU

上位グレード
  • 第10世代の2.0GHzクアッドコア Intel Core i5プロセッサ
  • 第10世代の2.3GHzクアッドコア Intel Core i7プロセッサ
下位グレード
  • 第8世代の1.4GHzクアッドコア Intel Core i5プロセッサ
  • 第8世代の1.7GHzクアッドコア Intel Core i7プロセッサ

CPUはそれぞれクロック数が異なる2種類のCPUを選択できます。

【 新型MacBook Pro 13のグレードの違い 】ポート数

【 新型MacBook Pro 13のグレードの違い 】ポート数

上位グレード
  • Thunderbolt 3ポート x 4
下位グレード
  • Thunderbolt 3ポート x 2

ポート数の不足は外付け機器で代用することも可能です。

【 新型MacBook Pro 13のグレードの違い 】ストレージ

【 新型MacBook Pro 13のグレードの違い 】ストレージ

上位グレード
  • 512GB
  • 1TB
  • 2TB
  • 4TB
下位グレード
  • 256GB
  • 512GB
  • 1TB
  • 2TB

ストレージの最小値、最大値が異なるためご注意ください。

【 新型MacBook Pro 13のグレードの違い 】メモリ

【 新型MacBook Pro 13のグレードの違い 】メモリ

上位グレード
  • 16GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
  • 32GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
下位グレード
  • 8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
  • 16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ

メモリの規格が異なります。上位グレードはDDR4、下位グレードDDR3です。

DD4RはDDR3よりも2倍のデータ転送量を実現しています。同じサイズのメモリを選択しても、上位グレードの方が高機能です。

【 新型MacBook Pro 13のグレードの違い 】ベースモデルの価格差

【 新型MacBook Pro 13のグレードの違い 】ベースモデルの価格差

上位グレード(ベースモデル価格)
  • 2.0GHzクアッドコアプロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)
  • 512GBストレージ
  • メモリ16GB
  • 188,800円(税別)
下位グレード(ベースモデル価格)
  • 1.4GHzクアッドコアプロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.9GHz)
  • 256GBストレージ
  • メモリ8GB
  • 134,800円(税別)

上位グレード、下位グレードのベースモデルの価格比較です。

価格差は54,000円。第10世代のCPU、ポート4つ、DDR4メモリが欲しい場合は上位モデルの購入が必要です。

けんくん
けんくん
メール、ネット、文書作成中心の使い方であれば下位グレードでも十分。価格が魅力ですね。

【 新型MacBook Pro 13 】次期モデルのリーク情報公開

【 新型MacBook Pro 13 】次期モデルのリーク情報公開

  • 発売予定時期
  • ミニLEDディスプレイ
  • 14インチ
  • Apple自社製CPU搭載

大幅進化が予想されます。それぞれ説明しますね。

【 新型MacBook Pro 次期モデルリーク情報】発売予定時期

【 新型MacBook Pro 次期モデルリーク情報】発売予定時期
次期MacBook Proのリリースは2020年後半から2021年前半といわれています。

【 新型MacBook Pro 次期モデルリーク情報】ミニLEDディスプレイ

【 新型MacBook Pro 次期モデルリーク情報】ミニLEDディスプレイ
次期MacBook ProにはミニLEDディスプレイの搭載が予定されています。

 【 ミニLEDディスプレイのメリット 】

  • より薄く、軽い製品設計
  • 優れた広色域パフォーマンス
  • 高いコントラストとダイナミックレンジ
  • 真の黒のためのローカル調光
けんくん
けんくん
Retinaを超えるディスプレイが登場するのでしょうか?期待度大ですね。

AppleはミニLEDディスプレイを搭載する製品として、以下の製品を予定しているそうです。

  • 12.9インチiPad Pro
  • 10.2インチiPad
  • 7.9インチiPad mini
  • 27インチiMac Pro
  • 16インチMacBook Pro
  • 14.1インチMacBook Pro ← ???

Proシリーズなど上位モデルに搭載するようです。

けんくん
けんくん
えっ!?14.1インチ?

【 新型MacBook Pro 次期モデルリーク情報】14インチ化

【 新型MacBook Pro 次期モデルリーク情報】14インチ化
次期MacBook Pro 13インチは、14.1インチ化が予定されています。

ディスプレイサイズの進化は、昨年11月にMacBook Pro 15インチが16インチにサイズアップされました。ディスプレイのベゼル幅を狭くすることで表示面積を大きくしています。

けんくん
けんくん
本体サイズもわずかに大きくなっています。でもパッと見は分からないほど。

【 新型MacBook Pro 次期モデルリーク情報】Apple自社製CPU搭載

【 新型MacBook Pro 次期モデルリーク情報】Apple自社製CPU搭載
次期Mac製品はIntel製のCPUから、Apple製のCPUへ切り替わる予定です。

AppleはARMアーキテクチャのCPUを自社開発しています。ARMアーキテクチャは消費電力を抑える特徴を持ち、低消費電力を目標とするモバイル機器に向いています。

自社CPUを開発するメリットは、Intelの都合に左右されず、Mac用に最適化したCPUを搭載できる点です。iPhoneやiPadでは既に実現しており、高性能なプロセッサを自社開発しています。

けんくん
けんくん
ディスプレイにCPU…、これは大幅アップデートの予感!!

【 新型MacBook Pro 13 】まとめ

【 新型MacBook Pro 13 】まとめ
最後に新型MacBook Pro 13インチについてまとめます。

 【 本記事のまとめ 】

  • 不具合多発のバタフライキーボードからシザーキーボードに仕様変更
  • 上位グレードにIntel第10世代のCPUを搭載
  • 下位グレードにIntel第8世代のCPUを搭載(意外と性能よし)
  • 不満点はWi-Fi 6未対応、カメラ性能が依然として720pのまま
  • 次期モデルはディスプレイ、CPUが大幅進化。2020年後半~2021年前半に登場予定

新型MacBook Pro 13インチは堅実進化で完成度の高いノートパソコンです。下位グレードは13万円台からとお買い得。在宅ワーク用PCとしておすすめです。

けんくん
けんくん
次期モデルが楽しみすぎてヤバいです。Apple信者はお金貯めておきましょう!

次回更新もご覧ください。

プロフィール
けんくん

More
岩手県盛岡市在住の40歳男性です。

趣味は食べること&ダイエット
※ダイエット無限地獄の住人と呼べ

筋トレ・ダイエット中心の雑記ブログを展開
書くことが好き。楽しい記事を届けます。

Follow Me !
ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たんくとっぷレベル1から始めるブログ生活
タイトルとURLをコピーしました