スポンサーリンク

【細胞核オーバーロードって何?】仕組み、やり方を調査!ズバリおすすめできま…

フィットネス

こんにちわ。盛岡在住ブロガーのけんくん(@kenkun_blog)です。

けんくん
けんくん
筋トレしてるみなさんに質問です。「細胞核オーバーロード」というトレーニング方法を知っていますか?

本日は、今トレーニーの間で論争を呼ぶ「細胞核オーバーロード」についてさまざま情報を集めてみました。

本記事の内容

  • 【細胞核オーバーロード】どんな内容?期待される効果は?
  • 【細胞核オーバーロード】なぜ筋肥大するのか?
  • 【細胞核オーバーロード】具体的なメニュー
  • 【細胞核オーバーロード】ぶっちゃけおすすめなのか?

私自身、年末にYoutubeで知ったトレーニング方法です。詳しく調べてた結果、今ままでの常識を覆すトレーニング方法でした。
当記事では内容、効果、具体的メニューについて解説します。興味のある方はぜひご一読を。

スポンサーリンク

【細胞核オーバーロード】どんな内容?期待される効果は?

【細胞核オーバーロード】どんな内容?期待される効果は?
細胞核オーバーロードで期待される効果は「筋肥大」です。トレーニング内容を簡単に説明すると以下のとおりです。

トレーニング内容

  1. 1ヵ月間同じ部位を毎日トレーニング
  2. 1~2週間休む
  3. 通常のトレーニング(週2~3回)に戻る

通常トレーニング戻して数ヵ月後に爆発的に筋肥大するといわれています。

他サイトで細胞核オーバーロードの記事を読むと「ステロイド不要」という過激な文言も見かけますが、本当でしょうか?当記事ではその真相に迫ります。

ステロイドとは?
アナボリックステロイドは筋肉増強剤として使用されることが主で、ドーピング薬物として知られる。短期間での劇的な筋肉増強を実現するとともに、常態で得ることのできる水準を遥かに超えた筋肉成長を促す作用から、運動選手らの間で長年にわたり使用されてきた。
出典:Wikipedia

【細胞核オーバーロード】なぜ筋肥大するのか?

【細胞核オーバーロード】なぜ筋肥大するのか?
「30日間連続で同じ部位のトレーニング」と聞くと、一般的なトレーニーであればツッコミを入れる所です。

けんくん
けんくん
筋肥大の絶対的な原則
筋肉はトレーニングで破壊された筋繊維の修復時に大きくなります。毎日休みなくトレーニングしたら筋繊維の修復の暇がありません。(←筋トレ界の常識)

筋トレの常識とは真逆の細胞核オーバーロード。なぜ筋肥大可能なのでしょうか?

マッスルメモリーの理解

細胞核オーバーロードを理解する前に、まず「マッスルメモリー」の仕組みを理解するべきです。「筋肉はその姿を記憶する」といわれています。まずはこちらについて解説します。

筋肉(筋繊維)には「細胞核」とよばれる核が存在し、この核は筋肥大に比例して増えていきます。言い換えると「筋肥大=細胞核が増える」となります。

ここで1つクイズです。

筋トレ初心者でガリガリのA君は5年かけて筋肉ムキムキな体になりました。その後、病気により1年ほどトレーニングを休養、体が元のガリガリに戻ってしまいました。

さて問題です。
A君が再びトレーニングして筋肉ムキムキな体を取り戻すために必要な期間はどれくらいでしょうか?

正解は「5年かかりません」(←曖昧な言い方ですみません)
トレーニング頻度にもよりますが、1年もあれば元どおりになります。

筋肥大で増える細胞核は筋肉が衰えても数が減らない特徴があります。そのためトレーニング再開後は初心者時代よりも早く筋肥大が可能です。

この裏付けとなる研究結果を1つ紹介します。
筋トレ初心者が計21週間トレーニングを行う実験をしました。

期間 内容
第01週~第07週 筋トレ
第08週~第14週 トレーニング休止
第15週~第21週 筋トレ再開

この実験結果では以下の2つの事実が分かりました。

本記事の内容

  • 第17週時点で休止前の筋肉状態まで元に戻った
  • 第21週終了時点でさらに筋肉が成長していた

つまり「最初の7週間よりも筋トレ再開後の7週間の方が筋肉がより成長」したことになります。

これがマッスルメモリーの効果です。トレーニングを休止しても細胞核が減らないため、トレーニング再開後の筋肥大スピードが早いのです。

細胞核オーバーロードで筋肉が大きくなる理由

細胞核オーバーロードはマッスルメモリーの仕組みを利用します。

1ヵ月間の筋トレでまず細胞核を増やし、その後休養。それから通常トレーニングに戻すことで爆発的な筋肥大を促します。

筋肉に休養期間を設ける理由は、筋肉を休息状態に適応させるためです。

人間の体は環境に適応します。トレーニングを続けていると体がその状態に慣れてしまい、成長に伸び悩む停滞期が訪れます。このタイミングで一定期間の休息をとることで、体は休息状態に適応します。

トレーニング再開時は適応状態が変化するため、筋肥大スピードが向上します。(←前述の実験結果のとおり)

けんくん
けんくん
筋肥大にとって重要なのは体を慣れさせないことです。同じトレーニングばかりでは体は大きくなりません。
高重量、低重量のトレーニングを定期的に切り替えたり、休息時期を挟んだりすると良いそうです。
ステロイド
筋肉増強剤として知られる「ステロイド」には細胞核を増やす効果があります。仕組み的には細胞核オーバーロードと共通するものがあります。

【細胞核オーバーロード】具体的なメニュー

【細胞核オーバーロード】具体的なメニュー
前提として細胞核オーバーロードを取り組むべきは中級者以上のトレーニーに限ります。
初心者の場合、1ヵ月連続のトレーニングは骨、関節、腱、靭帯な土を痛める可能性があります。

実際に細胞核オーバーロードを行う際の具体的メニューの組み方を紹介します。

メニューの組み方

  • 鍛えたい部位を1つ決定(複数はNG)
  • トレーニング種目は2種目まで
  • 週1~2回は高重量で10回1セット
  • 週5~6回は低重量で20回6~10セット
  • 1ヵ月間毎日継続
  • 1~2週間完全休養(トレーニング禁止)
  • 通常トレーニングに戻る(週2~3回程度)

重量、セット数はケガのリスクを考慮して調整してください。
細胞核オーバーロードの効果は、通常トレーニングに戻った後の数週間から数ヵ月後に実感できるといわれています。

【細胞核オーバーロード】ぶっちゃけおすすめなのか?

【細胞核オーバーロード】ぶっちゃけおすすめなのか?
従来の常識を覆す筋肥大メソッド「細胞核オーバーロード」ですが、個人的にはおすすめしません。

メニューの組み方

  • ケガのリスクが高い
  • 毎日トレーニングする時間的制約
  • 通常トレーニングでも十分に筋肥大可能
  • 科学的根拠に乏しい(実験データが少ない)

現時点では科学的根拠に乏しいのが現状です。正しいかもしれないし、正しくないかもしれません。
今後の論文発表に期待します。

けんくん
けんくん
ぶっちゃけ通常のトレーニングで筋肥大可能です。ケガのリスクを冒してまでやるに値するかは疑問。毎日トレーニングする時間がある方にはおすすめします。

【細胞核オーバーロード】まとめ

「細胞核オーバーロード」について最後にまとめておきます。

細胞核オーバーロードまとめ

  • 筋トレ中級者以上に推奨するトレーニング
  • 1ヵ月連続でトレーニング、1~2週間休息、通常トレーニング再開で筋肥大効果が望める
  • 科学的根拠の乏しさ、ケガのリスク、時間的制約があるため、個人的にはおすすめしない

細胞核オーバーロードに興味のある方、弱点と感じる部位に対して1ヵ月限定で取り組んでみてはいかがでしょうか?ケガには十分ご注意ください。

けんくん
けんくん
良かったら次回更新も見てください。どんと晴れ。
プロフィール
盛岡在住の筋トレ系ブロガー

岩手県盛岡市出身/男性/40歳/職業SEです。

趣味は筋トレ、食べ歩き、音楽(邦楽Rock)、ファッション、その他興味を持ったことにチャレンジする雑食系です。

2019年7月ブログ開設
→ Googleアドセンス1発合格
→ 100記事目指して執筆(4ヵ月で達成)
→ note執筆開始(https://note.mu/kenkun1007)

人生を変えた筋トレの話題を中心に、大好きな地元盛岡の魅力も発信できたらと思います。ジャンルとしては雑記ブログになります。

twitter、Instagramでみんなとつながりたい。
よかったら見に来てくなんせ。

けんくんをフォローする
フィットネス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けんくんをフォローする
たんくとっぷレベル1から始めるブログ生活
タイトルとURLをコピーしました