スポンサーリンク

【マッチョが着る理由】タンクトップを着たい【どんな種類が?】

タンクトップを着る男 フィットネス

こんにちわ。盛岡在住ブロガーのけんくん(@kenkun_blog)です。

みなさんは、「タンクトップ」にどんなイメージをお持ちでしょうか?

ムキムキな筋肉を見せつけたいナルシストが着る服でしょ!?」

・・・よ思ってませんか?

本日は「タンクトップ」がテーマです。

正直なところ、私もまわりの視線の恐怖があり、

「着たいけど、着れない・・・」

「大好きだけど、大嫌い・・・」

そんな状態で今に至ります。

今回の記事は、「なぜマッチョ達がタンクトップを着るのか?」

その明確な理由を説明します。

この記事を読むことで、タンクトップへの誤解と偏見がなくなるはずです。

スポンサーリンク

なぜマッチョはタンクトップを着るのか?

タンクトップを着る理由

これはいろいろな理由があると思います。

カッコつけたくて着る人もいると思いますが、マッチョ特有の理由から着る人もいます。

理由① Tシャツが似合わなくなる

筋肉が大きくなると、Tシャツが似合わなくなります。

具体的に言うと、

「肩」、「二の腕」が太くなるため、Tシャツが「パツパツ状態」になります。

1サイズあげてしまうと、ゆとりは出るかもしれませんが、着丈が合わなくなるため、

それも不格好です。

物理的な理由でタンクトップに切り替える人が出てきます。

タンクトップは「デカい体」の証です。

理由② 筋肉のカットが見える

「カット」とは、筋肉の輪郭が見えることです。

体脂肪を落としたバキバキの体は、筋繊維が浮き上がって見えます。

この状態を作ることを「カットを出す」といいます。

筋トレ上級者になると、筋肉の部位を意識したトレーニングを行います。

狙った位置に負荷をかけることで、その部分の筋肉が肥大化します

鏡の前で筋肉をチェックするのはそのためです。

自分の筋肉酔いしれるナルシストではありません。

タンクトップは肩、二の腕の筋肉がしっかり見えます。

ここをかっこよく仕上げたい場合に有効です。

大きい肩(メロン肩ともいう)は、トレーニングする人達の憧れです。

タンクトップにも種類がある

タンクトップにも種類がある

ひとえに「タンクトップ」といっても、いろんな種類があります

私自身、タンクトップの定義が何かと聞かれると、「袖が無いもの」と思ってました。

ですが、どうやら違うようです。(勘違い)

みなさん、一緒にタンクトップの勉強しましょう。

種類① スリーブレス(ノースリーブ)

ノースリーブウェア

袖が無いもの全般を「スリーブレス」といいます。

ちなみに似た言葉で「ノースリーブ」というのは和製英語です。

海外では通じませんのでご注意ください。

写真は脇がざっくりあいたデザインが特徴的ですが、あいてないタイプもあります。

「スリーブレス」は一番デビューしやすいのではないでしょうか。

種類② タンクトップ

タンクトップウェア

スリーブレスで、胸や脇の開きがあるもの「タンクトップ」といいます。

肩の露出度が高いので、貧弱な体だと似合わないかもしれません。

これはちょっと勇気がいります。

ある程度筋肉レベルがあがったら着たいです。

種類③ ストリンガー

ストリンガー

タンクトップよりも露出度がアップしたものを「ストリンガー」といいます。

肩、胸、背中がざっくり開いており、より筋肉が目立つ構造となっています。

ストリンガーは背中の筋肉をアピールするにはもってこいです。

レスリング選手みたいですよね。

これはレベル99。相当の自信がないと着れません。

憧れますね。

ジムでタンクトップを着るときの注意点

露出が多い服装だけに、ある程度の注意が必要です。

マナーの観点からポイントをピックアップしてみました。

注意① サイズ感は要注意

胸がざっくり開いたストリンガータイプの場合、サイズを間違えると「乳首」が見えます。

自分はよくても、他人は嫌かもしれません。

ジムは公共の場なのでマナーとして気を付けましょう。

注意② 脇の処理

スリーブレスな服を着てトレーニングすると、脇の毛が見えてしまいます。

こちらも他人は嫌かもしれません。(私なら嫌ですね)

脇の毛は事前に処理をしておきましょう。

私が見た限り、みなさん処理済でトレーニングされています。

ボーボーな人は見たことないです。

注意③ 汗の処理

インクラインベンチ等でトレーニングする場合、素肌が器具に触れます。

汗をかいた状態の場合、使用後の器具の掃除は必須です。

後に使う方の気持ちを考えましょう。

人によってはタオルを敷いて筋トレする方もいるのでおすすめです。

まわりの方と尊重しあうことで、変な誤解や偏見もなくなると思います。

タンクトップ・ソング

Tank-top of the world – ヤバイTシャツ屋さん [インディーズ版]

「ヤバイTシャツ屋さん」というアーティストの「Tank-top of the world」という曲をご存知でしょうか?

この曲を聴くと、タンクトップ愛を感じることができます!

昨今、フィットネスブームが来ています。

この流れでタンクトップブームも来るかもしれません。

この分野がもっと盛り上がってほしいです。

まとめ

本日は「タンクトップ」を着るべき理由について書きました。

誤解や偏見が少しでも解消されたら幸いです。

当ブログのタイトルは「タンクトップ」へのリスペクトを込めて命名しました。

私自身、まだデビューしてないのでレベル1の初心者です。(笑)

デビューした際はブログ公開したいと思います。

どうせ着るなら、おしゃれなタンクトップを着て、トレーニングを楽しみたいです。

タンクトップデビュー編は近日公開予定かも!?(笑)

良かったら次回更新も見てください。
どんと晴れ♪

プロフィール
盛岡在住の筋トレ系ブロガー

岩手県盛岡市出身/男性/40歳/職業SEです。

趣味は筋トレ、食べ歩き、音楽(邦楽Rock)、ファッション、その他興味を持ったことにチャレンジする雑食系です。

2019年7月ブログ開設
→ Googleアドセンス1発合格
→ 100記事目指して執筆中(現在)

人生を変えた筋トレの話題を中心に、大好きな地元盛岡の魅力も発信できたらと思います。ジャンルとしては雑記ブログになります。

twitter、Instagramでみんなとつながりたい。
よかったら見に来てくなんせ。

けんくんをフォローする
フィットネス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けんくんをフォローする
たんくとっぷレベル1から始めるブログ生活
タイトルとURLをコピーしました